So-net無料ブログ作成
検索選択
愛犬マロンの思い出 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

6月10日は「マロン記念日」 [愛犬マロンの思い出]

今日は今から14年前、2001年6月10日にマロンが我が家の家族の一員になった記念の日です。私は、「マロン記念日」と名付けています。

マロンとの出逢いは家の近くのペットショップでしたが、
血統書によると、マロンは愛知県生まれで雄犬2頭・雌犬2頭の四つ子ちゃんのうちの一頭です。

愛知で生まれて大阪のペットショップまで車に乗せられて来たのでしょうか?
我が家に自家用車で連れて帰るときも、その後 車でお出掛けしたり遠出したときも、
一度も車酔いしたことがありません。

はじめてマロンに出逢った日、家族の一員になった日、
マロンはまだとても小さくて、体重は2kgもありませんでした。

2001.6.10.jpg

↑この写真は2001年6月10日に撮ったものですが、
当時はまだカメラ付き携帯電話もデジカメも普及してなくて、
アナログなフィルムカメラで撮っては街の写真屋さんで現像してもらい、
スキャナでパソコンに取り込んでいました。

マロンという名前は二日目にしてやっと決まり、初日は「わんちゃん」と呼んでいました。
名前が決まってからのマロンは安心したのか、へそ天してお昼寝したり、鳴き声を出すようになりました。

マロンが家族の一員になり、親子の会話が増えたし、充実した日々でした。

毎年6月10日は、いつもより贅沢なおやつにしたり、お洋服をプレゼントしたりしてお祝いしていました。

マロンは2013年10月11日に虹の橋に行ってしまったけど、
「マロン記念日」は永遠だから、
今年はお花をお仏壇にお供えしました。

DSCF9733.jpg DSCF9731.jpg

DSCF9732.jpg

朝になってお天気が良ければ買い物に行って、マロンが好きだった食べ物でも買ってきます。

マロン、縁あって我が家の家族になってくれたこと、ありがとう。

私たち家族はマロンからたくさんの幸せをもらったけど、
マロンはうちの子で本当に良かった?幸せだった?

マロン、お姉ちゃんは今でも泣き虫で泣いてばかりいるけど
マロンは虹の橋で楽しく笑っていますか?

マロン、またどこかで逢おうね。
また、うちの子になってね。

6月10日、「マロン記念日」ずっと忘れないからね。



共通テーマ:ペット

マロンが教えてくれたこと [愛犬マロンの思い出]

こんばんは。
今、図書館で『犬が教えてくれたこと』という本を借りて読んでいます。

コミックエッセイ 犬が教えてくれたこと

コミックエッセイ 犬が教えてくれたこと

  • 作者: 三浦健太
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2013/07/31
  • メディア: 単行本



本当はもっと早く読んでおきたかったのですが、
今頃になってやっと図書館で借りて読んでいます。
読み始めたばかりですが、
大号泣してしまって、一気読みが出来ません。
そして、
マロンと過ごした日々の事を改めて思い出しています。

『犬が教えてくれたこと』という著書名に習うなら、
マロンが教えてくれた事はたくさんあります。

犬を飼うのは初めてではありませんでしたが、
室内犬・キャバリアという犬種を飼うのははじめてだったので、
しつけや犬種に関するHow to 本を何冊も買い勉強しました。

マロンを飼うことは、毎日が新しい発見や勉強の連続で、
充実した日々でした。

マロンは飼い主が言うのもなんですが、
とても性格がよく従順で甘えたな子でした。

私は甘えるのが下手で生意気な性格なので、
よく両親に
「マロンを見習いなさい!」と言われたことがあります。

私は、結婚のため(離婚しましたが)、
一時期家を離れていた時があります。
慌ただしく結婚が決まりましたので、
ゆっくりマロンと話すこともなく嫁いで行きました。

その後、別居のため実家に戻ってきたとき、
マロンは大興奮して私を出迎えてくれました。
母に聞くと、私が嫁いだあとしばらくは、
マロン、状況が理解できず、私の部屋をのぞき込んでいたそうです。
でもそのうち、マロンは
「お姉ちゃん(私の事です)は、もう いないんだ。」と、思うようになっていたみたいなので、
私が実家に出戻った時は、
マロンにしてみたら、
「お姉ちゃんが生きて帰ってきた!」とでもいった感じだったのでしょうか。
兎に角マロンは大興奮で私を迎えてくれて、
落ち着くまで1時間はかかったのを覚えています。

著書『犬が教えてくれたこと』にも書かれていますが、
犬は記憶力が優れていて、たくさんの事を覚えていて、
思い出のなかで生きているそうです。

マロンは晩年寝たきりの生活になりましたが、
マロンが生きることを諦めなかったのは
元気だった頃 お散歩した思い出やお出かけした楽しい思い出があったからかな?と解釈しています。

マロンは、たくさんの事を教えてくれました。
犬を介護するということもはじめてだったし。

もうすぐ、6月10日は我が家にとって「マロン記念日」です。
マロンが家族の一員になった記念の日です。

マロンがいた日々は特別で幸せな日々でした。


マロンはいつまでも私たち家族の一員だよ。
ずっと忘れないからね。
たくさんのことを教えてくれてありがとう。

マロンから、優しさや、生きること・命の尊さや、介護のこと、
たくさん学びました。

マロン、
本当にありがとう。

DSCF8531.jpg


共通テーマ:ペット

2015年3月30日、マロン 生きていたら14歳のお誕生日 [愛犬マロンの思い出]

おはようございます。

今日、2015年3月30日、マロンは生きていたら14歳のお誕生日を迎えるはずでした。

でも、マロンは2013年10月11日に12歳6ヶ月でお星様になって以来、
永遠に歳をとることがありません・・・・・。

マロンがお星様になった後、我が家では父の入退院の繰り返しや度重なる手術のためバタバタしていて、
落ち着かない日々が続いていたから、マロンを亡くした悲しみにばかり耽っていられなかったけど、
それでも時折ふと悲しみに襲われることは今でもあって、ペットロスは、そう簡単には癒えそうにありません。

かといって、新しい犬を飼う余裕は今の我が家にはないし、
新しい犬を飼っても、その子はその子でマロンが生き返ったわけではないから・・・・・。

マロンは、マロンでしかないわけで・・・。

私は、マロンが亡くなってから、ペットショップやペットコーナーに立ち寄れなくなりました。
特に、生犬がいるお店には・・・。

両親は、飼えない、飼わない、と分かっていても、
ホームセンターに行ったついでに生犬のコーナーに立ち寄り、キャバリアの子犬を見たことが何度かあるそうです。両親の方が立ち直りが早いのかな?・・・・・。

キャバリアに限らず、私の犬好きは変わらないから、
たまに出掛けたとき、散歩中の犬を見かけるとつい笑顔になってしまうけど、内心複雑です。

blogも、マロンの生前 交流のあった人の犬blogをこっそり見に行くことはありますが、
やはり複雑な心境です。

今日は、何かおやつでも買ってきて、マロンにお供えします。

マロン、14歳のお誕生日おめでとう。

3月30日というあなたがこの世に生を受けた日を、私はずっと忘れないからね。

(時間の都合などで、マロンが1歳から12歳まですべてのお誕生日の写真を集められなかったのが残念ですが、何枚かお誕生日の写真を載せておきます。)

2007.03.30-4.JPG

↑2007年3月30日 6歳のお誕生日。SNOOPYのお洋服でお祝い。

2009.03.30-7.JPG

↑2009年3月30日 8歳の誕生日。犬用ケーキでお祝い。

2010.03.30-3.JPG

↑2010年3月30日 9歳のお誕生日。母手作りのスヌードでお祝い。

2011.03.30.JPG

↑2011年3月30日 10歳のお誕生日。辛うじて、まだお座りが出来ていた頃。

DSCF9564.jpg

↑2013年3月30日 12歳のお誕生日。この時には、もう寝たきりでした・・・・・。

マロン、ずっと忘れないから、また、どこかで逢おうね。

ありがとう。



共通テーマ:ペット

キャバリアグッズ [愛犬マロンの思い出]

こんにちは。

今日は、私が持っているキャバリアグッズの中から2点紹介させていただきます。

先ず一つ目は、Francfranc(フランフラン)さんで数年前に購入したキャバリアのマグカップです。

DSCF9714.jpg 

DSCF9715.jpg

写真ではわかりにくいかもしれませんが、
首の所に小さな穴があいていて、
「プレゼント用に」とか言うとおリボンをつけてもらうことが出来たらしいのですが、
「自宅用です。」と言ってしまったので、おリボンつけてもらえませんでした・・・(T-T)

もう一つは、マロンを飼い始めてすぐの頃に購入したのでかなり年期が入っていますが、
MONO COMME CA さんとTHE DOGさんがコラボして作られたキャバリアの小さなぬいぐるみをカバンなどにつける物です。

DSCF9716.jpg

DSCF9722.jpg DSCF9717.jpg

DSCF9720.jpg

DSCF9721.jpg

DSCF9719.jpg

この二つの商品は、購入してからもう随分経つので、今では入手困難かもしれません。

マグカップに関しては、実用性はないですね。(^_^;
普段は、食器棚に大事に飾っています。

鞄につけるのは、一時期一緒によくお出かけしてました。

THE DOGさんからは、カレンダーもよく購入しました。

******

最近、なかなかマメにblogの更新が出来ていないのですが、
それでも毎日一定数の閲覧があることに感謝しています。
ありがとうございます。



共通テーマ:ペット

ここから先は、【マロンの闘病記 その1~その12】を見て下さい。 [愛犬マロンの思い出]

こんばんは。

前回2012年8月22日の写真を掲載して、
その時既にマロンは闘病生活の渦中にいたわけですが、
写真の整理をしていると、
ここから先の写真はこのブログの最初の方に書いた【マロンの闘病記 その1~その12】で既に掲載済みの物になりました。

私が先に【マロンの闘病記】を書いたので、
読者の皆様には遡って読んで戴くことになりますが、
いよいよこのブログも区切りをつけなきゃいけない時がやってきました。

今後は、マロンの命日(10月11日)などに記事を更新する程度になると思います。

以下に、【マロンの闘病記 その1~その12】をリンクしておきます。
お時間あればご覧下さい。

このブログはメインのブログとして残しておいて、
新しく私自身の日常(通院記録や趣味の事など)を綴ったブログをサブブログとして作成する予定です。
新設した際にはお知らせしますので、
今後も宜しくお願いいたします。

色んな思いを抱えながらでしたが、
マロンの一生をブログに残す事が出来て良かったです。

取り敢えず、
今までありがとうございました。

皆様の記憶の片隅に、マロンが生き続けてくれることを願います。

2015/01/27 当ブログ管理人 えみまろ

・マロンの闘病記 その1

・【マロンの闘病記 その2】2011年11月9日 おむつをするようになった日。

・【マロンの闘病記 その3】2011年6月30日 介護用ハーネスを初めて着けた日

・【マロンの闘病記 その4】2011年9月26日 介護用マットを使い始めた日

・【マロンの闘病記 その5】2011年11月17日 おむつガード購入

・【マロンの闘病記 その6】2011年11月9日 食事介護(食介)

・【マロンの闘病記 その7】2012年3月11日 散歩風景

・【マロンの闘病記 その8】2012年8月29日 前足にもハーネスを着けてお散歩を

・【マロンの闘病記 その9】2013年2月5日・6日 マロンの耳が壊死した日。

・【マロンの闘病記 その10】2013年2月7日 耳の手術後

・【マロンの闘病記 その11】2013年10月2日 久しぶりにして最後の笑顔になった写真

・【マロンの闘病記 その12】2013年10月10日の夜~11日の出来事

image145.gif

今までありがとう。マロンはずっとここにいるから、またいつでも遊びにきてね。
(▽・w・▽)



共通テーマ:ペット

【マロンの成長記録】2012年8月22日 キュウリ大好き♡ [愛犬マロンの思い出]

おはようございます。

今回の【マロンの成長記録】は2012年(平成24年)8月22日の写真です。

マロンは好き嫌いが殆ど無く、お野菜も大好きな子でした。
中でもキュウリが大好きで、
この日は、わざとキュウリを大きめに切って、マロンに与えてみました。
いつもより大きめに切られたキュウリに悪戦苦闘しているマロンの写真、ご覧下さい。

2012.08.22-1.JPG 2012.08.22-2.JPG

2012.08.22-3.JPG

マロン、必死です[あせあせ(飛び散る汗)]
ちょっと意地悪だったかな?(^_^;
ごめんね。

でもね、マロンが殆ど好き嫌いのない子で、
お野菜も大好きな子だったので、
私達飼い主としては助かっていました。

***************

今日(2015/01/27)も、私の住む地域ではスッキリしないお天気が続いています。
日中家に1人で居ると、時々何をしていいのか分らなくなるときがあります。
しなきゃいけない事、本当はたくさん有るはずなのにね・・・。
何も手につかないというか・・・。
マロンが居た頃は、マロンが相手してくれたから、
寂しくなる事はなかったんだけど・・・。

このブログは、いつか本当に終わりを迎えるブログだから・・・・・。
なんだか、それも寂しいです。
私の事だから、
このブログはそのまま残しておいて、
自分の日常を書き綴ったサブブログを新たに作ると思います。
その時は、またお知らせしますね。
今はただ、【マロンの成長記録】を最後までちゃんと書き上げる事に専念したいと思います。



共通テーマ:ペット

【マロンの成長記録】2012年8月3日 笑顔満開!▽o・ェ・o▽ [愛犬マロンの思い出]

こんばんは☆

今回の【マロンの成長記録】は2012年(平成24年)8月3日の写真です。

何があったのか憶えていないのが残念ですが、
この頃のマロンにしては珍しく笑顔満開です。▽o・ェ・o▽

2012.08.03-1.JPG 2012.08.03-2.JPG

2012.08.03-3.JPG 2012.08.03-4.JPG

2012.08.03-5.JPG

長くて辛い闘病生活でしたが、
それでもこうしてたまに笑ってくれたから、
私達飼い主は救われました。

マロン、ありがとう。

あなたは本当に性格のいい、穏やかな子でしたね。

ちょっとビビリなところもあったけどね。^^

私達親子は、マロンからたくさんの癒しを貰っていたのですね。

マロンとの出逢いは、運命だから、理屈では説明できない。

マロンが腰椎椎間板ヘルニアになり長患いしたこと、
「どうしてマロンが?!」と思った時もあったけど、
マロンの介護を通して私達家族は学ぶことあったし、
協力しあえたし、家族がひとつになれたんじゃないかな・・・。

「老犬介護」という、貴重な経験をさせてもらったんだよね?

だからね、マロン。
お姉ちゃん(私の事です)は、
マロンを介護した日々の記録を、
マロンが一生懸命生きた証を、
書き残さなきゃいけないと思うんだ。

ねぇ、マロン。
それでいいんだよね?
お姉ちゃん間違ってないよね?

ネットの世界には、色んな人がいて誹謗中傷する人もいる。
煩わしいこともある。

だからお姉ちゃんは、自分の信念を貫くためにnice!もコメントも受け付けない設定にしました。

このブログは、誰かの為じゃなく、自分とマロンの為。
そして本当に情報を必要としている人、いつまでもマロンを忘れずにいてくれる人の為だけに書いてます。

それが、私のスタイル。

負けないよ。もう、負けないからね。
マロン、お姉ちゃん強くなるからね。

じゃあね。



共通テーマ:ペット

【マロンの成長記録】2012年7月10日 笑ってる? [愛犬マロンの思い出]

こんばんは☆

今回の【マロンの成長記録】は2012年7月10日の写真です。

2012.07.10.JPG

この頃になると、滅多に笑わなくなりましたが、
この写真は笑っているように見えます。

長い闘病生活の中で、
マロン自身色んな思いがあったと思うし、無気力な表情を見せることもあったけど、
たまに笑ってくれたときは本当に嬉しかったです。

マロンには、笑顔が似合います。

マロン、今、虹の橋のたもとで笑って暮しているよね?
お友達がいるから大丈夫だよね?

マロン、いつも笑っていてね・・・・・。



共通テーマ:ペット

【マロンの成長記録】2011年8月8日 無気力な表情をすることが多くなってきました。 [愛犬マロンの思い出]

こんにちは。

今回は2011年(平成23年)8月8日の写真です。

2011.08.08-1.JPG 2011.08.08-2.JPG

2011.08.08-3.JPG 2011.08.08-4.JPG

2011.08.08-5.JPG

お気に入りのマッサージチェアーの上に座っていますが、
この頃既に足腰は弱っていて、
自分でジャンプしてマッサージチェアーに飛び乗ることは出来なくなってきてたので、
私達飼い主が、
マロンが座りたそうな意思表示をしていたら抱っこして座らせていました。

またこの頃には病(腰椎椎間板ヘルニア)はかなり進行していて、
マロン自身、色んなストレスや苛立ち、葛藤等があったのでしょう。
滅多に笑わなくなり、無気力な表情やうつろな目をすることが多くなってきました。

また、白髪も増えてきて、なんだか急に歳をとったな。老けたなと感じるときがありました。

気付けば、マロンはもう10歳になっていました。

残酷な事を言うようですが、
キャバリアの平均寿命は10歳なんです。

この時既に、マロンの闘病生活は始っていました・・・・・。



共通テーマ:ペット

【マロンの成長記録】2011年7月21日 「お座り」している時の写真 [愛犬マロンの思い出]

「こんばんは☆」?それとも「おはようございます。」?
中途覚醒して起きている私です。

さて今回の【マロンの成長記録】は2011年(平成23年)7月21日、「お座り」している時の写真です。

2011.07.21.JPG

相変らず足をくずした座り方をしています。
もう、後足は完全に弱っています。
ご飯(餌)を食べるのも、立って食べることが出来ないので、
座ったままでも食べられるように色々工夫して与えていました。

この頃から、マロンは滅多に笑わなくなり、覇気のない顔をするようになってきました。
その写真は、また次の機会に・・・・・。

皆様の御訪問に感謝します。(えみまろ)

共通テーマ:ペット
前の10件 | 次の10件 愛犬マロンの思い出 ブログトップ