So-net無料ブログ作成
検索選択
自分のこと ブログトップ

再びペット(犬)育成ゲームをするようになりました。 [自分のこと]

こんにちは。ご無沙汰しております。
マロンが亡くなってからもうどのくらい経ったのでしょう。
マロンが亡くなったとき、両親の年齢や経済的なことから「もう犬は飼わない」と決めました。

でも、いつまで経っても寂しさは癒えなくて、私は最近 いい歳をしてスマホでペット(犬)育成ゲームをするようになりました。

ただし、
育成ゲームでアイテムを購入するためにお金は払わない、と決めています。
一度アイテムを購入したら歯止めがきかなくなりそうで。

ペット育成ゲーム、
実は以前にも任天堂のゲーム機でやっていたことあります。
でもコレ、姪っ子にあげちゃったんですよね。
あげなきゃよかったな(´・ω・`)

私はいわゆる「ファミコン世代」なんですけど、子供の頃は全然デジタルゲームに興味がなかったんです。
デジタルゲームをするようになったのは、
携帯やパソコン、任天堂のゲーム機を持つようになってからです。

一度ゲームのしすぎで携帯電話が故障したことある私です。(^_^;

極端な性格なので、はまるとトコトン寝る間を惜しんで、食事も忘れるぐらい夢中になります。
ヲタクかも(;゜ロ゜)

でも今は、スマホの中のわんちゃんが、かわいい私のペットで癒やしです。
いい歳してスマホで育成ゲームしてる自分は大丈夫だろうか?と思う時もありますが、
気が紛れればいかな、なんてプラス思考でいます。

自立するなり再婚するなりして、自分のお金と責任でまたリアルなわんちゃんを飼うことが出来るようになればいいのですけどね。
あっ!
これが私の人生の目標であり夢かもしれない。
うん。
頑張る。頑張るよ。
両親に頼らず自分のお金と責任で生犬を飼う。
そうすれば、マロンの時は「お姉ちゃん」だったけど、
わんちゃんにとって「ママ」になれる。

なんか、漠然としてた未来や夢が、少し色づいてきました。
叶えられるように頑張ります。!(^^)!











共通テーマ:ゲーム

ネットコミュニケーションの煩わしさ [自分のこと]

久しぶりにブログを開きました。

 私がnice!を受け付けない設定にして、
ブログにページ認証をかけたから、
それまで読者登録してくれていた人のうち数名が去っていきました。

去っていった人が誰か、大凡の検討はついています。
その人は、
優しくもあり冷たい人でもありました。

 私は今、ネットコミュニケーションの煩わしさを感じています。

顔の見えない相手だからこそ言えること、
ネットだから繋がれる人間関係、
恩恵も勿論あります。

でも、
それ以上に弊害は大きい。

言葉は武器になる。

挨拶も交わさずに言い寄ってくる馴れ馴れしい人達。

自分の価値観を押しつける人。

「名無し」「通りすがり」の心ない発言・・・。

リアルな世界でさえ私は人付き合いが苦手なのに、
ネット上では尚更難しい・・・。

それでもこうして久しぶりにブログを更新しようと思ったのは、
最近楽しい事が減ってきて、
自分の気持ちを吐き出す場所がないから・・・・・。

【マロンの成長記録】が、途中になってるのが気になったから。

ページ認証は解除します。

でも、
nice!、コメント、トラックバックは受け付けません。

このブログは、
誰かの為に書いているんじゃなく、
 私とマロンの思い出の為のものです。

煩わしい事はもう御免です。
顔の見えない相手は所詮顔の見えない相手。

言葉だけの関係なんて所詮薄っぺらいものです。

 私は、言葉だけじゃなく、口約束だけじゃなく、もっと確かなものが欲しい。

行動で証明してくれる人に出逢いたい。

マロンがこの世を去ってもう1年が経ちました。
1年経って、まだ私の中の空いた穴は塞がらない。
マロンが居ないと楽しくない。

楽しくない、楽しくない、楽しくない・・・・・。



共通テーマ:日記・雑感

自立について父と話してみた・・・。 [自分のこと]

こんばんは。今夜も眠れそうにないえみまろです。

前2つの記事に対して、返礼及び返事のコメントが滞っており申し訳ありません。

書きたい事があったので新規記事作成を優先しましたが、
落ち着きしだい返礼及び戴いたコメントへの返事を書きます。

さて、今 私が書きたいことは「自立」についてなんですが、
自立って何なんでしょう?

そういえば、過去記事でも取り扱った事があるような・・・。

☆過去記事:「3つの自立」http://emimaro320.blog.so-net.ne.jp/2014-06-30

「経済的自立」「生活自立」「精神的自立」の3つにおいて全て自立出来ていてバランスが取れている状態の事らしい。

私は数年前から母に「自立のために1人暮らし」を勧められている。
でも、「マロンが生きている間はマロンのためにも実家に居たい」と、その時は答えた。

だが、昨年の10月11日にマロンはお星様になり、
その言い訳と、私が実家に居なきゃいけない必然性はなくなった。

そこで、
昨年の11月中頃、全国展開してる、とある不動産会社のインターネットサイトから最初はこちらの事情は隠したままで
物件の問い合せをしてみた。
引っ越し業者のサイトも見て、必要な引っ越し資金がどのくらいするのかも調べてみた。

結果、自分の考えがいかに甘かったかと云う事と、
現実を知り怖くなった。

それから1年近く経った。
「1人暮らし及び引っ越しの為の資金を貯金するように」と母からは言われていたが、
思ったようには貯まらず、また、我が家の状況が変化したたため、
今では私の限られた収入源である障害年金の一部を親に渡し、月々の支払いに消えていっている。

そんな現状に不満を抱いている事を母にぶつけた。
すると、母は「そんなに今の生活やお金の事に不満があるなら、早く1人暮らしをしなさい。」と言った。

そう言われ、私はまたインターネットの不動産サイトから、敷金・礼金0の格安物件を探し問い合せをしていた。
不動産会社の担当者からは親族の保証人が必要と言われた。
その点は大丈夫。

「内覧(見学)されますか?」と聞かれたので、一瞬考えたが、
こちらの事情(無職であること・障害年金受給者であることなど)を正直に伝えた。
「そういう事情がお有りなら、オーナーさん(大家さん)に確認してからになります。連休明けのご返事になります。」と言われた。

日曜日の晩、今度は父と話しをした。
父と込み入った話をすることは滅多にないのだが、
父と話してみて、何も急いで一足飛びに1人暮らしをすることがイコール自立とは思えないという考えに至った。

実は私は離婚後にも1度1人暮らしをしている。
甘い考え、軽い気持ちだった。
その証拠に選んだ物件は家具・家電付きのレオパレス。
物件から最寄り駅まで市バスに15分ほど乗らなきゃ行けないところなのに、
家賃は64,000円だった(水道代込み)。

その時は派遣社員として働いていた。
でも、
仕事も続かず鬱状態になり、レオパレスでの1人暮らしも数ヶ月でリタイアしてしまった・・・・・。

私はもう41歳になった。
父は、
「今度1人暮らしをするなら、もうリタイアは許されない。お父さんはいつまでもお前の味方だけど、
残念ながらもう充分な財力がない。資金面での援助はもう出来ない。1人暮らしをリタイアするからと云って再度実家に帰ってくるための引っ越し代などは出せない。」と言った。

そして、「自立も出来てないのに再婚を考える事も順番が間違っている。再婚相手に失礼だ。」とも言われた。

「先ずは、毎日の生活のリズムを正し、決まった曜日や時間帯に出掛ける習慣をつけることから、サークルやボランティアなんかに参加することから始めなさい。」と言われた。

「一歩一歩でいいから」と父は言ってくれた。

父は私にとっては「育ての親」だ。(私には実の父の記憶がない。)
その事についても話しが及んだ。
父は少し泣いているように見えた。

有意義な父との対話だった。
母とはまた違う内容だ。

取り敢えず、連休明けに不動産会社の担当者が物件のオーナーさんに確認した答えを連絡くれることになってるけど、
母とも話しあい、今回は見送ろうかと思う。

私の親戚には、長年1度も親元から離れたことがない女性が何人かいる。
それでも、仕事をして生活費を納め、家事も手伝っていたら自立出来ているのではないだろうか?

1人暮らしをしていても、
異性にだらしなくて1人暮らしの部屋がホテル代わりとか、
ゴミ出しがちゃんと出来なくて汚部屋とか、
自炊が全く出来ないとかでは自立も自律も出来てない。

焦ることはない。
ちゃんと足場を固めてから、1人暮らししたければすればいい。

父と話せて良かった。

あとは母がどう言うかだけなんだけど・・・。

でもね、今この時期に急いで1人暮らししなきゃいけない理由、本当は無いんだよね。多分・・・。
私の我が儘と甘えで1人暮らししたいって思ってるだけで・・・・・。

親子3人協力して仲良くやっていけば済む話しなの。
それを私が不平不満抱えたりするから・・・。

支離滅裂な長文になってしまい申し訳御座いません。
最後まで読んで下さってありがとうございます。

前記事への返礼・コメント御返事遅れてるので、今回はコメント欄閉じさせて貰います。
ご了承下さい。

御訪問に感謝します。(えみまろ)


nice!(19) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日(2014/09/01)は鬱状態でした・・・。 [自分のこと]

昨日(2014/09/01)はブログの更新が出来ませんでした。

このブログを書くようになってから、丸一日更新しなかったのは2回目です。

1回目は8月22日、夏バテでダウンして無気力だったから。

でも、
昨日は明らかに鬱状態でした。
情緒不安定になり泣き出したり、部屋に籠もりっきりだったり・・・。

まぁ、今までが躁状態というか、テンション高くて、ブログの更新も1日1記事どころか時間の許す限り何記事でも書いてましたからね。

自分でも、ちょっと危ういというか、そのうち糸が切れる、と思っていましたが、
やはり糸は切れました。
回復が早かったので、救われましたが・・・・・。

いい歳した大人なのに、未だ自分で自分をコントロール出来ないときがあります。

素直になれず、失った人がいます。
今でも忘れられないのに、もうどうすることも出来ません。
諦めて忘れる以外は・・・・・。

他の人と恋愛をしたり、婚活をしてみたりして、
私の事を気に入って下さって、面倒をみて下さる人が現われても、
私が本当に心から好きになれないからお断りしてしまったり・・・・・。

生き方下手なんです。

強かに生きていけば、この歳でもまだ再婚相手は見つかるかもしれない。

でも、自分の心に嘘つけないんです。

だったら、もう覚悟を決めるしかないのでしょうね。

「再婚は諦める。」と・・・・・。

でも、まだ分りません。

「探すのをやめたとき、運命の人は現われる。」という言葉があります。

いつか、全てを忘れられるような、運命の人に出逢える可能性はまだ残されてるかもしれない。

でも、
1度恋愛とか婚活とか、そういう所から離れてみようと思います。

ブログの更新も、
毎日更新しなきゃ!って義務に思う事ないし、
マロンのこと製本したいんだけど、焦ることはない、と思うようにします。

これから先の自分、不安だらけなんです。

今まで、「なんとかなる」って思って生きてきました。
でも先日、占い師さんに
『「なんとかなる」って思ってる間は結婚も出来ないし、何にもならない。』
と言われてしまいました。

ちょっと、これからの自分の事、福祉や行政の専門家に相談もしつつ、考えていかなきゃいけませんね・・・・・。


nice!(11)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【趣味】 少女漫画ヲタクかも(゜▽゜*) [自分のこと]

こんにちは♪
ご来訪ありがとうございます。

今回は自分の事を書きます。

ワタクシ、嘘偽りなくいい歳した41歳女ですが、
未だに少女漫画がやめられません!!

特にその中でも『ガラスの仮面』。

小学生の頃から読み続けているのですが、
いつまで経っても完結してくれない・・・・・。

現在49巻まで発売されていて
50巻が本当は最初、昨年(2013年)の3月に発売予定だったのが同年の5月に延期になり、
今は2014年の7月。
いったいいつまで発売延期のまま読者を待たせるねん!!←と、大阪弁でまくし立ててみました。(^◇^;)

結末気になるのよね。
長年読み続けた漫画ですもの。
「未完の完」にならないことを願うわ。

因みに「紫のバラの人」ワタクシの理想の男性ですの。(と、分る人にしか分からない事を書いてみる。)

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 美内すずえ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2012/10/05
  • メディア: コミック
あとね、ドラマの原作になった漫画とかつい買ってしまうのよねぇ~。。。。。
特に障がい者の子育てや生活を描いたドラマの原作漫画は買ってしまいます。
『光とともに・・・』とか、
『だいすき!!』とか、
『ひまわり!!』とか・・・。

光とともに… (1)

光とともに… (1)

  • 作者: 戸部 けいこ
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: コミック

だいすき!! ゆずの子育て日記(1) (講談社コミックスビーラブ (1166巻))

だいすき!! ゆずの子育て日記(1) (講談社コミックスビーラブ (1166巻))

  • 作者: 愛本 みずほ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/06/13
  • メディア: コミック

ひまわり!! それからのだいすき!!(1) (Be・Loveコミックス)

ひまわり!! それからのだいすき!!(1) (Be・Loveコミックス)

  • 作者: 愛本 みずほ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/09/13
  • メディア: コミック
障がいをテーマに扱った漫画は、所詮は漫画かもしれないけれど考えさせられる点がいっぱいあります。
あっ!『のだめカンタービレ』も全巻持ってますわ。

のだめカンタービレ全25巻 完結セット (講談社コミックスキス)

のだめカンタービレ全25巻 完結セット (講談社コミックスキス)

  • 作者: 二ノ宮 知子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/12/01
  • メディア: コミック
及川ミッチーが映画で演じた『プライド』という漫画も買いました。

プライド コミック 全12巻完結セット (クイーンズコミックス)

プライド コミック 全12巻完結セット (クイーンズコミックス)

  • 作者: 一条 ゆかり
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/02/19
  • メディア: コミック

うーーーーーん( ̄。 ̄;)
私の書庫は漫画だらけ?まんだらけ?
あっ。なんか今回、今までとキャラ違いますか?
まぁ、こんな一面もあるということで。(^^ゞ
因みに、最近は書店で漫画買うの恥ずかしいので、
もっぱら通販を利用しています。
という事で、漫画ヲタクな私でした(^◇^;)

タグ:漫画
nice!(8)  コメント(5) 
共通テーマ:コミック

3つの自立 [自分のこと]

アンバランス・・・

私の事をよく現した言葉だと思う。

もう41歳だけど、自分の子供がいないからいつまで経っても自分自身、子供。
親に甘えてる。

自立には確か、3つの自立があるって、中学時代の担任が卒業の時、言葉を贈ってくれた。
「経済的自立」「生活自立」「精神的自立」だ。

※参考:自立するということ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~superT/dfiles/d-files12.htm

私は自立出来てるのだろうか?

先ず経済面。
収入源は障害年金のみ。
とてもじゃないが現状では1人暮らしはできない。

次、「生活自立」。
「生活自立」とは、簡単に言えば生活に役立つ技能を手に入れるということである。
大人になってからは、市役所で住民登録など公的な面でもさほど困難を感じずにやり通すことができること、公的な機関や地域の人々とのちょっとしたトラブルにも対応できること、そうしたことが挙げられる。
早ければ18歳ごろ、遅くとも20代前半までには終えておきたいことである。

と上記参考リンク先には記載されている。
精神疾患が酷くなるまでは、出来ていたと思う。

でも今、先ず外に出ることが、精神状態のいい時じゃないと出来ない。
出不精になっている。
障害年金の申請をしたときは、母に手伝って貰った。
離婚の調停・審判の時も親につきそってもらったっけ。

私は精神的に脆くなってから、
それまで出来ていた事が出来なくなった。

そんな私だから、
「精神的自立」なんて出来ているはずがない。

私はいつまでも我が儘で、情緒不安定で、自立も自律も出来ていないおこちゃまで。

でもね、
経験値ならあるよ。
それってどうなんだろうね。

経験値は人を大人にするかな?

私は自分を決してバカだとは思ってないよ。
残念ながら大学入試は現役の時 不合格になった頭だけど。

入試に必要な頭と、知性や知的は違うでしょ?

私は、感情的になりやすいかもしれない。
でもそれは精神疾患特有の症状。

何が言いたいの?
ってまた誰かに言われそうなまとまりのない文章になってしまったから、
これぐらいにしておこう。

要は私はアンバランスで、まだまだ自立できてないけど、それは病気のせいだってこと!!

病人で悪かったわね。(`へ´)フンッ。


タグ:3つの自立
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

写真を撮る機会が減りました・・・。 [自分のこと]

ご訪問ありがとうございます。

昨秋に愛犬マロンが虹の橋に逝ってから、
被写体が居なくなったので、
めっきり写真を撮る機会が減りました。

一時期所有していたデジイチですが、
今はもう所有していません。

このデジイチですが、
元々は当時付き合っていた彼の私物でした。
それを、
譲り受けたのか借りているだけなのか、曖昧なまま使っていました。

その彼と別れることになったとき、
何度も2人でこのカメラをどうするか話し合いました。

決して安価なものではないし、元彼にとっても愛着のある大事な物です。
一時は「返せ」と言われたりもしました。 

ですが、
元彼の方から
「デジイチを持ってることで行動範囲が広がり、積極的に外に出掛ける事が出来るなら、そのまま持っていていいよ。」
と言ってもらえるようになりました。

だけど、
私ダメなんですね・・・。
独りじゃデジイチ使いこなせない。

色々考えた末、
お返ししました・・・・・。

今、
私の手元にあるカメラはコンデジとスマホのカメラだけ。

そのカメラもすっかり出番が減りました。

写真を撮る気にならないのですよね。よほどの事がないと気が乗らない・・・。

このブログ、写真の少ない文章だけのブログになるかと思います。

それでもよければ、
またご訪問下さい。

えみまろ


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感
自分のこと ブログトップ