So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2016年3月30日、マロン 生きていたら15歳のお誕生日。 [愛犬マロンの思い出]

おはようございます。

今日(3月30日)は、

生前 マロンのお誕生日でした。

マロンは12歳半で虹の橋に逝ってしまったけど、

生きていたら今日で15歳になるはずでした。

マロン、「お誕生日おめでとう。」

マロンがこの世に生まれた日、私たち家族は

まだマロンとの出逢いを知らずにいました。

マロンが生まれた2001年の4月に、継父が定年退職し、

「犬を飼いたい」と言ってから、

最初はゴールデンリトリーバーやラブラドールリトリーバーなどの大型犬を飼う予定で

犬の訓練所などを見学しました。

ですが、継父の年齢や体力・経済的な事も考慮し、

「大型犬は諦めよう」となり、

実母が見ていた犬の雑誌で偶然見かけた『キャバリア』という犬種に一目惚れし、

家の近くのペットショップでキャバリア探しの日々が始まりました。

同じキャバリアでも、

個性は色々です。

我が家がマロンと出逢えたのは、

運命としか言いようがないけれど、

本当に直感で「この仔!」なんですよね。

2001年の6月10日に、

マロンは「ウチの子」になりました。

私たち家族は、

ペットショップでマロンと出逢ったので、

マロンのお父さん犬・お母さん犬やブリーダーさんに直接お会いしたことはありませんが、

血統書を見る限り、雄2雌2の四つ子ちゃんで生まれたマロンを、

愛情もって育て、そして私たち家族に出逢うため、手放す決意をしてくださった事に、

ただ、「ありがとうございました。」と言うのみです。

マロン、

今は虹の橋でお友達にお祝いしてもらってるよね。

「おめでとう」

いつまでも、

あなたのことは忘れません。

だから、

いつかまた逢おうね。

「生まれてきてくれてありがとう。」

2011.03.30.JPG

2011年3月30日、10歳のお誕生日の写真です。

マロンは2013年10月11日、12歳6ヶ月で虹の橋に逝きました。

マロンの生前交流のあった皆様、本当にありがとうございました。

そして今でもこのblogを訪れてくださるあなたへ。

マロンの事を忘れずにいてくださってありがとうございます。

マロンも、そして元飼い主の私たち家族も、幸せ者です。



共通テーマ:ペット

キャバリアグッズが増えた!▽・w・▽ [愛犬マロンの思い出]

昨日(2016/02/28)、私は出掛けていて帰宅が遅くなったのですが、

帰宅後リビングで寛いでいると、

見慣れない新しいキャバちゃんの可愛いくて小さい置物がある!!

実母に聞くと、継父が某100円ショップのダイ●ーで偶然見つけて買ってきたそうです。

小さな置物だし、100円ショップで買ってきた物だけど、

意外と精巧に出来ていて、

茶と白の毛色のバランスとか、表情が生前のマーちゃん(マロン)にそっくりです。

マーちゃん、キャバリアのお友達が増えてよかったね^^

早速写真撮りました。

キャバリア好きの人はダ●ソーにGO!ですね(^_-)-☆

s-DSCF0123.jpg 

s-DSCF0124.jpg



共通テーマ:ペット

空耳とは分かっていても・・・。 [愛犬マロンの思い出]

こんにちは。お久しぶりです。

最近、

空耳とは分かっていても、

マロンの鳴き声が聞こえる時があります。

私は思わず、「えっ?!」となりますが、

当然のことながらマロンの姿は其処にはなく、

部屋中に飾られた生前のマロンの写真がいつまでも年をとることなく微笑みかけているだけです。

でも、たとえ空耳でもマロンの鳴き声が聞こえると嬉しくなります。

お星様になっても、

いつも傍で見守っていてくれるのですね。

ありがとう。

マロン、ずっと忘れない。大好きよ。

あなたは、大事な家族の一員。

私の全て。

本当に、ありがとう。

DSC_0043.JPG


共通テーマ:ペット

アイコンを変更しました。 [ご挨拶・お願い・お詫び]

こんばんは。

このたび、 blogのアイコンを変えました。

以前のアイコン、実は知っている人は知っていると思うけど、

私が撮影した写真ではなく、

当時つきあっていた人が撮ってくれた写真なんですね。

別れるとき、

「別れた後も 、あのマロンの写真使い続けてもいい?」と尋ねたところ、

その人は承諾してくれましたが、

別れてからもう3年経つんですよね・・・。

今、新しく好きな人居るし、

なんか、

元彼が撮ってくれた写真を使い続けているのって、

未練があるように誤解されたら嫌なので、

自分で撮影した写真に変更します。

どの写真にしようか迷ったのですが、

あえて、

マロンが闘病中の写真を選びました。

このblogは、

マロンの成長記録でもあり、

闘病記でもあるから・・・・・。

 でもね、

アイコンのマロンは、

後ろ足が不自由になり、

介護用ハーネスを装着しているけれど、

笑っているよ。▽・w・▽

マロンは、 

本当に健気に一生懸命、病気と闘いました。

生きることを

最後まで諦めませんでした。

そんなマロンの姿を象徴した写真に、

アイコンを変更しますね。

読者の皆様には紛らわしい事をしてしまい申し訳ありませんが、

これからも、

マロンのこと、

忘れないで下さいね。

元飼い主の、

わがままで贅沢なお願いかもしれませんが、

皆様の心の中に、

ほんの少しで良いのです。

こんな犬もいたこと、憶えていていただけたら、

それこそが「マロンの生きた証」であり、

私が、

blogを書いている意味や価値に繋がります。

相変わらず不定期更新の blogですが、

閲覧してくださる人が いることに感謝しています。

ありがとう。@えみまろ 



共通テーマ:ペット

クリスマス準備(マロンがいた日々を思い出しながら・・・) [愛犬マロンの思い出]

おはようございます。三連休最終日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は、クリスマスの飾り付けをしています。[クリスマス]

と、同時に、

マロンのことを思い出しています・・・・・。

マロンがいた日々は、本当に毎日が楽しかった。

特にクリスマスの頃は、楽しかったね、マロン ▽・w・▽

写真、今でも大事に残しているよ。

感傷的になっちゃうけれど、

blogに載せるね。

みんなに見てもらおうね。

マロンのこと、忘れないでねって。

マロン、

あなたは、私の天使でした。

ありがとう。

〈2007年のクリスマス〉

2007年のクリスマス.JPG 2007年のクリスマス-2.JPG

2007年のクリスマス-3.JPG 2007年のクリスマス-4.JPG

2007年のクリスマス-5.jpg 2007年のクリスマス-6.jpg

2007年のクリスマス-7.jpg

〈2009年のクリスマス〉

2009年のクリスマス-1.JPG 2009年のクリスマス-2.JPG

2009年のクリスマス-3.JPG 2009年のクリスマス-4.JPG

2009年のクリスマス-5.JPG

マロンサンタさん、

今年も我が家に素敵なクリスマスを届けてね。

今からリクエストしておきます。

大好きよ。マロン。

ありがとう。[揺れるハート]



共通テーマ:ペット

10月11日はマロンの命日でした。(丸2年が経ちました。3回忌です。) [愛犬マロンの思い出]

昨日(2015/10/11)はマロンの命日でした。

気にはなっていたのですが、ちょうど町内会の秋祭りと重なりバタバタしてたので、blogの更新が出来ませんでした。ごめんね、マロン。

そんな私なのに、
お友達から、命日にお花が届きました。憶えていて下さってありがとうございます。

DSCF0101.jpg

プリザーブドフラワーです。↑

マロンの写真の前に飾りました。↓

DSCF0098.jpg

いつもお水をお供えしている場所にもお花を飾りました。↓

DSCF0099.jpg

先祖代々のお仏壇にも、新しい仏花を飾り、お菓子をお供えしました。↓

DSCF0100.jpg

マロンがお星様になった2013年10月11日(金曜日)は、
10月だというのに、例年になくまだ暑くて、冷房をかけていました。

今年はすでに肌寒いくらいですね。

マロンのいない生活、もう2年経ち、その間いろんな事があったけど、
マロンと一緒に過ごした約12年半の日々は、人生で一番充実した日々でした。

マロンに出逢えて本当に良かった。
ありがとう、マロン。

また、どこかで逢おうね。



共通テーマ:ペット

まだ、マロンと歩いたお散歩道は避けている…。 [スマホから]

1441556747708.jpg
スマホからのテスト投稿です。

マロンが2013年10月11日に天国に逝ってから、
来月でもう丸2年が経つのに、私はまだ、マロンとよくお散歩した河川敷などの道を避けて通っています…。

表面的にはペットロスから立ち直ってきたように振る舞っているけど、まだ、というか、
一生マロンの事は忘れられないでしょう。

それほど、存在感の大きな子でした。

もっとあぁすれば良かった、とか、悔やまれる事は多々あります。

マロン、ダメ飼い主でごめんね。
マロンはウチの子で本当に幸せだった?

この記事に添付した写真は、
マロンが大好きな河川敷で撮ってもらったんだよね。
マロン、かわいい笑顔だね。

また、一人でもこの場所を歩けるようになるかな?

私は不精者なので、次にこのblogを更新するのは10月11日の命日かな?

マロン、虹の橋でお利口にね。
じゃあ、またね。

共通テーマ:moblog

久し振りにマロンの写真を。^^ [愛犬マロンの思い出]

こんにちは。お久しぶりです。

曽根風呂って、40日以上更新していないと勝手に広告が表示されるのですね。(`ε´)

今日、久し振りにこのblogを開いたら、広告が表示されていて、
「なんか、嫌!」と思ったので、
まだblogに載せてなかったマロンの写真ないかな?と思い探してみました。

うん。この写真はたぶんまだblogに載せた事ないはず。

DSCF8742.jpg

ちょっと、写真の加工もしてみたしね。

マロン、可愛いい[揺れるハート] 女の子みたい。

マロン、あなたは永遠に私の心の中で生きていて、
ここを訪れてくださる人がいて・・・。

マロン、お姉ちゃんね(えみまろの事です。)、マロンにはblogの閲覧数、勝てないの。
勝ち負けじゃないんだけどね。
今でも、マロンに逢いに来て下さる人がいたり、情報を必要としている人がいるということは、
マロンって、本当に立派だね。すごいね。

マロン、昨日、蜻蛉を見ました。
もう、そんな季節なんですね。
お盆には、お家に帰ってきてね。

今度は、広告が表示される前には更新出来るようにしますね。

マロン、虹の橋でお友達と仲良くお利口にね。じゃあね。



共通テーマ:ペット

6月10日は「マロン記念日」 [愛犬マロンの思い出]

今日は今から14年前、2001年6月10日にマロンが我が家の家族の一員になった記念の日です。私は、「マロン記念日」と名付けています。

マロンとの出逢いは家の近くのペットショップでしたが、
血統書によると、マロンは愛知県生まれで雄犬2頭・雌犬2頭の四つ子ちゃんのうちの一頭です。

愛知で生まれて大阪のペットショップまで車に乗せられて来たのでしょうか?
我が家に自家用車で連れて帰るときも、その後 車でお出掛けしたり遠出したときも、
一度も車酔いしたことがありません。

はじめてマロンに出逢った日、家族の一員になった日、
マロンはまだとても小さくて、体重は2kgもありませんでした。

2001.6.10.jpg

↑この写真は2001年6月10日に撮ったものですが、
当時はまだカメラ付き携帯電話もデジカメも普及してなくて、
アナログなフィルムカメラで撮っては街の写真屋さんで現像してもらい、
スキャナでパソコンに取り込んでいました。

マロンという名前は二日目にしてやっと決まり、初日は「わんちゃん」と呼んでいました。
名前が決まってからのマロンは安心したのか、へそ天してお昼寝したり、鳴き声を出すようになりました。

マロンが家族の一員になり、親子の会話が増えたし、充実した日々でした。

毎年6月10日は、いつもより贅沢なおやつにしたり、お洋服をプレゼントしたりしてお祝いしていました。

マロンは2013年10月11日に虹の橋に行ってしまったけど、
「マロン記念日」は永遠だから、
今年はお花をお仏壇にお供えしました。

DSCF9733.jpg DSCF9731.jpg

DSCF9732.jpg

朝になってお天気が良ければ買い物に行って、マロンが好きだった食べ物でも買ってきます。

マロン、縁あって我が家の家族になってくれたこと、ありがとう。

私たち家族はマロンからたくさんの幸せをもらったけど、
マロンはうちの子で本当に良かった?幸せだった?

マロン、お姉ちゃんは今でも泣き虫で泣いてばかりいるけど
マロンは虹の橋で楽しく笑っていますか?

マロン、またどこかで逢おうね。
また、うちの子になってね。

6月10日、「マロン記念日」ずっと忘れないからね。



共通テーマ:ペット

マロンが教えてくれたこと [愛犬マロンの思い出]

こんばんは。
今、図書館で『犬が教えてくれたこと』という本を借りて読んでいます。

コミックエッセイ 犬が教えてくれたこと

コミックエッセイ 犬が教えてくれたこと

  • 作者: 三浦健太
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2013/07/31
  • メディア: 単行本



本当はもっと早く読んでおきたかったのですが、
今頃になってやっと図書館で借りて読んでいます。
読み始めたばかりですが、
大号泣してしまって、一気読みが出来ません。
そして、
マロンと過ごした日々の事を改めて思い出しています。

『犬が教えてくれたこと』という著書名に習うなら、
マロンが教えてくれた事はたくさんあります。

犬を飼うのは初めてではありませんでしたが、
室内犬・キャバリアという犬種を飼うのははじめてだったので、
しつけや犬種に関するHow to 本を何冊も買い勉強しました。

マロンを飼うことは、毎日が新しい発見や勉強の連続で、
充実した日々でした。

マロンは飼い主が言うのもなんですが、
とても性格がよく従順で甘えたな子でした。

私は甘えるのが下手で生意気な性格なので、
よく両親に
「マロンを見習いなさい!」と言われたことがあります。

私は、結婚のため(離婚しましたが)、
一時期家を離れていた時があります。
慌ただしく結婚が決まりましたので、
ゆっくりマロンと話すこともなく嫁いで行きました。

その後、別居のため実家に戻ってきたとき、
マロンは大興奮して私を出迎えてくれました。
母に聞くと、私が嫁いだあとしばらくは、
マロン、状況が理解できず、私の部屋をのぞき込んでいたそうです。
でもそのうち、マロンは
「お姉ちゃん(私の事です)は、もう いないんだ。」と、思うようになっていたみたいなので、
私が実家に出戻った時は、
マロンにしてみたら、
「お姉ちゃんが生きて帰ってきた!」とでもいった感じだったのでしょうか。
兎に角マロンは大興奮で私を迎えてくれて、
落ち着くまで1時間はかかったのを覚えています。

著書『犬が教えてくれたこと』にも書かれていますが、
犬は記憶力が優れていて、たくさんの事を覚えていて、
思い出のなかで生きているそうです。

マロンは晩年寝たきりの生活になりましたが、
マロンが生きることを諦めなかったのは
元気だった頃 お散歩した思い出やお出かけした楽しい思い出があったからかな?と解釈しています。

マロンは、たくさんの事を教えてくれました。
犬を介護するということもはじめてだったし。

もうすぐ、6月10日は我が家にとって「マロン記念日」です。
マロンが家族の一員になった記念の日です。

マロンがいた日々は特別で幸せな日々でした。


マロンはいつまでも私たち家族の一員だよ。
ずっと忘れないからね。
たくさんのことを教えてくれてありがとう。

マロンから、優しさや、生きること・命の尊さや、介護のこと、
たくさん学びました。

マロン、
本当にありがとう。

DSCF8531.jpg


共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。